永代供養墓タイプ別比較

永代供養墓も様々な特徴があります。ご検討される際に比較できるようタイプ別にまとめました。

 

  個人墓(単独墓) 集合墓  合祀墓 
納骨方法  個人墓(単独墓)  集合墓  合祀墓 
永代供養料  30万円〜300万円  20万円〜50万円  5万円〜20万円 
墓石料(工事費込み)  100万〜300万 
墓誌印字料  3万円 程度 3万円 程度
管理費 
特徴  通常のお墓と同様に個別の墓石を建て納骨。  納骨スペースは個々に分かれているが、それぞれは小さな石塔などを建てて、集合させて1つのお墓にまとめている。  遺骨を分けず、他の人のものと混ぜて納骨し、碑などを建てる 。
納骨方法  個別のお墓を建てて本骨(のど仏)を納骨。胴骨(のど仏以外のお骨)は共同の納骨室に収蔵することが多い。 墓石は1つで、その下に納骨スペースが個別に分かれている。  合祀専用に納骨。 
期間等  期間は33回忌までが多く、33回忌が過ぎると、墓石を撤去し、本骨も共同の納骨室に移動することが多い。 期間は33回忌までが多く、33回忌が過ぎると、共同の納骨室に移動される。  墓誌への掲載期間があり。