永代供養墓‐費用をできるだけ少なく

六地蔵

様々な事情で遺族がお墓の維持管理ができない場合などに、寺院や霊園が管理・供養をすることを指します。ほとんどの場合、お墓の承継者が不要であることも特徴です。

 

永代供養墓も様々な形式があり選択の幅が増えおり、ほとんどの寺院・霊園で永代供養墓を設けています。個別に埋蔵(納骨)する形式や他のご遺骨と一緒に埋蔵(納骨)する合祀形式、集合墓などがあります。更に最近では自然葬のひとつである樹木葬なども注目されています。一般的には墓石等の費用が掛からないこともあり、費用を抑えることができます。

 

注意すべきポイント

 

ご家族やご親族の理解を得ておく

 

お墓やご遺骨の権利を持った人を民法では「祭祀承継者」と言いい、その承継者が決めることができます。しかし、永代供養をした後になってトラブルになってしまうようなことを避けるため、ご家族やご親族には必ず理解を得ておくことをお勧めします。

 

個人墓か合祀墓かを確認して決める

 

個人墓は、ご遺骨を一定期間までは個別に供養しますが、期間が終了すると合同墓などに合祀されます。
合祀墓では、はじめから供養塔などに他のご遺骨と一緒に合祀されます。いずれの場合も合祀されるとご遺骨を別の場所へ移すことはできません。

 

信頼できる寺院・霊園かどうかを確認する

 

公営の霊園は自治体で管理していて安心ですが、ご遺骨の管理だけを行い、そのほとんどが管理者側で供養を行いませんので承継者(ご遺族)が法要など供養を行うことになります。寺院や民間の霊園などの場合、できるだけ寺院や霊園が信頼できるところかどうか確認してください。