墓じまいには改葬許可が必要です

 

お墓じまい

墓じまいと言っても、ご遺骨は新しい場所に納めなければなりません。つまりご遺骨の引越です。ご遺骨の引越を改葬と呼びます。
改葬を難しく表現すると、「寺院や霊園に埋蔵(収蔵)されているご遺骨を別の墓地等に移して埋蔵(収蔵)すること」となります。改葬は「墓地、埋葬等に関する法律」により手続きが定められているため、必ず改葬許可が必要になります。申請は実際に埋蔵(収蔵)されている自治体(市区町村の役場)に行います。申請には墓地等の管理者から埋蔵(収蔵)の証明を受ける必要があります。

 

ご遺骨は新しい墓地に埋蔵(収蔵)します。古いお墓から改葬する場合、土葬(埋葬)されていることがありますので、火葬後に改葬しなければなりません。現在、ご遺骨を合法的に埋蔵(収蔵)できるのは、許可を受けている墓地等(寺院・霊園・納骨堂等)に限られます。また、既に埋蔵(収蔵)されているご遺骨を手元供養や散骨することは改葬にはあたらない(改葬許可不要)と判断する自治体もありますので必ず事前に確認してください。